年末年始休業のお知らせ

奈良 吉野

創業 天保十三年

吉野本葛、葛湯の松屋本店 創業天保十三年

お客様各位

吉野拾遺他商品価格改正のお知らせ

 春暖の候 皆々様におかれましては益々ご清祥の事と心よりお喜び申し上げます。平素は弊店の商品を格別に御贔屓賜りまして、厚く御礼申し上げます。

 天保13年の創業以来 弊店は古き良き吉野の伝統を守り より良い素材を吟味し 商品の品格を落とさぬ事を信条に日々精進を続けております。平成26年の消費税率改正(5%から8%へ)ではお客様のご負担になりませぬよう価格改正をせずに頑張ってまいりました。
しかし希少な葛等の原材料や包装コストの上昇に伴い 現状のままでは採算に見合わない状況でございます。

 つきましては誠に恐れ入りますが、令和元年5月1日より別頁のとおり商品価格の改正を実施させていただく事になりました。諸事情おくみとりいただき何卒御理解賜りますとともに、今後とも吉野拾遺に変わらぬ御愛顧を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。
尚、4月30日までは旧価格にて受付いたします。

敬白

松屋本店 店主

新価格表を見る

吉野山にゆかりのある後醍醐天皇の『吉野拾遺』 その名より誕生した、銘菓 葛湯 吉野拾遺。

延元元年十二月二十一日の夜、後醍醐天皇は足利尊氏に幽閉されていた京都花山院を脱出、
吉野の賀名生に遷幸され給うや、吉水院宗信法印は賀名生にはせ参じて、天皇をお迎え申し上げました。
その時、哀愁のまつわる御歌を詠まれています。

華にねて よしや吉野の吉水の まくらの下に石走る音

吉野拾遺(よしのしゅうい)は後醍醐天皇の吉野御遷幸より、二十三年間の南朝の事蹟を集録した古書です。 『吉野拾遺(よしのしゅうい)』三巻を収蔵する、松屋本店の田螺庵主は、この吉野本葛をもって葛菓子『吉野葛湯』を創製し『吉野拾遺』と銘づけ発売いたしました。

  • 銘菓吉野拾遺の由来
  • 年表

商品一覧

  • 銘菓 葛湯 吉野拾遺
    銘菓 葛湯 吉野拾遺
  • 吉野懐古
    吉野懐古
  • 吉野山
    吉野山
  • 吉野葛
    吉野葛
  • 芳山名品
    芳山名品
  • 桜の花漬
    桜の花漬

お知らせ

このサイトでご注文していただけるお客様へ
当店は土日祝日はお休みと なっており、発送ができません。 商品の発送は、入金確認でき次第、順次発送させて頂きます お急ぎの方は、代金引換での注文をお薦めします。 金曜日のご注文は、発送準備の都合上15:00までにお願いします 発送日から北は関東までは,翌日到着可能でございます。 それ以外の遠方のお客様は翌々日になります。 ご注文の際には、ご注意ください。

ページ上部に戻る